自分をちょっと落としさえすれば、いくらでもどんどん話してきます。そういうふうにして行ったらいいと思います。何があっても、まあそういうこともあるかな、人はいろいろ、それぞれだよね、と思うことが大事です。