例えば、常に一緒にいる相手では、なかなかサッと流すことができないということもあるかと思います。