腹が減るから食べるというよりも、生きていくために食べるということです。